峠の煙

by SL STORY

宇津峠の煙

迫力ある汽車の写真を求めて北から南へと急勾配線区や峠へ足を運ぶ、山あいを縫うように敷かれた線路の上を力強いドラフトの音を響かせ、煙を高々と上げながら登ってくる、通り過ぎた後も遠ざかるドラフトの音と石炭の香りが残っていた。
手ノ子駅-羽前沼沢駅間にある宇津峠は蒸気機関車が無くなる前まで9600型の咆哮が鳴り響いていた。

【宇津峠の煙】【手ノ子駅-羽前沼沢駅間】【このページのbottomへ】

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

手ノ子駅-羽前沼沢駅間

米坂線
1972.03.13 米坂線 手ノ子駅-羽前沼沢駅間・9634+69633

米坂線
1972.02.12 米坂線 手ノ子駅-羽前沼沢駅間・59634

米坂線
1972.02.12 米坂線 手ノ子駅-羽前沼沢駅間・49649

米坂線
1972.02.12 米坂線 手ノ子駅-羽前沼沢駅間・69652

米坂線
1972.03.13 米坂線 手ノ子駅-羽前沼沢駅間・69677

米坂線
1972.03.13 米坂線 手ノ子駅-羽前沼沢駅間・9634+69633

米坂線
1972.02.12 米坂線 手ノ子駅-羽前沼沢駅間・69677

【宇津峠の煙】【手ノ子駅-羽前沼沢駅間】【このページのtopへ】

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

現役蒸気編
bottom